御嶽山噴火7年 「由紀ちゃんの元へ」 娘とその婚約者を失った女性が初めて入山

長野県 社会 御嶽山噴火
twitter facebook

2014年9月の噴火後から立ち入り規制が続く御嶽山の八丁ダルミで26日に催された慰霊登山に、長女の丹羽由紀さん=当時(24)=と婚約者の所祐樹さん=同(26)=を亡くした愛知県一宮市の丹羽真由美さん(57)も参加した。御嶽山に登るのは初めて。

(残り:1252文字/全文:1373文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

所喜代美さん(左)に励まされながら、涙を流して懸命に登る丹羽真由美さん=26日午前7時37分、王滝村
噴火前、八丁ダルミにあるまごころの塔(右奥)近くで写真に納まる所祐樹さん(左)と丹羽由紀さん=2014年9月27日、王滝村(所清和さん提供)

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 御嶽山噴火