安曇野の景観と開発 両立策は?論戦に期待 市長選10日告示

長野県 政治
twitter facebook

 任期満了に伴う安曇野市長選(17日投開票)は、10日の告示まで1週間に迫った。いずれも新人で、前県副知事の太田寛(ゆたか)氏(65)=堀金烏川=と、元市教育委員長の古幡開太郎(かいたろう)氏(70)=穂高牧=らが立候補を表明している。北アルプスを背景とした田園風景が…

(残り:2423文字/全文:2558文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

物流拠点の開発計画がある安曇野市豊科南穂高の重柳地区の農地。地権者は開発を希望している=2日

レコメンドニュース

関連記事

長野県 政治