衆院選「決戦前夜」長野県内の対決構図 2区

長野県 政治 2021衆院選
twitter facebook

 2017年の前回選に続く小選挙区での勝利を目指す立憲民主党現職の下条みつ氏(65)、前回選で比例復活した自民党現職の務台俊介氏(65)が5度目の対決に向け支持固めを急ぎ、日本維新の会新人の手塚大輔氏(38)は存在感を高めようとアピールに力を入れる。

(残り:1169文字/全文:1294文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

レコメンドニュース

関連記事

長野県 政治 2021衆院選