黒曜石の下諏訪での採掘、縄文以来の歴史に幕 安全確保懸念で終了

長野県 社会
twitter facebook

 諏訪郡下諏訪町で黒曜石を採掘し、園芸用資材などを製造していた芙蓉(ふよう)パーライト(本社・下諏訪町)が黒曜石の採掘を終了していたことが11日、分かった。採掘は同町と小県郡長和町にまたがる本州最大の黒曜石原産地とされる霧ケ峰地域のうち下諏訪町側の国有林地内で行われていた。同社は、半世紀にわたった採掘を終了した理由について…

(残り:904文字/全文:1067文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

芙蓉パーライトの採掘現場跡に転がる黒曜石=11日、下諏訪町の東俣国有林
芙蓉パーライトが黒曜石を採掘していた現場=11日、下諏訪町の東俣国有林(南信森林管理署の許可を得て撮影)

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会