長野県内各地 緊迫の情勢 復調の与党VS野党共闘

長野県 政治 2021衆院選
twitter facebook

 19日の衆院選公示まであと5日に迫った。長野県内の5小選挙区には現職、新人計12人が立候補を予定。岸田文雄政権発足を追い風に復調傾向にある与党と、立憲民主、共産、社民の共闘態勢が衆院選では初めて成立した野党が多くの選挙区でぶつかり合う。信濃毎日新聞社が13日まとめた連続調査の3回目からは、情勢は緊迫したまま選挙戦を迎えることがうかがえた。

 【調査の方法】県内の有権者を対象に10~12日の3日間、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかけるRDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)法で実施。実際に有権者がいる世帯にかかったうち、2515人(男性1318人、女性1197人)から回答を得た。

          ◆

 小選挙区ごとの情勢の記事は以下のリンクから。【会員限定記事です。会員登録(無料)していただけると、月5本まで読めます】

■長野1区

https://www.shinmai.co.jp/news/article/CNTS2021101400022

■長野2区

https://www.shinmai.co.jp/news/article/CNTS2021101400024

■長野3区

https://www.shinmai.co.jp/news/article/CNTS2021101400026

■長野4区

https://www.shinmai.co.jp/news/article/CNTS2021101400028

■長野5区

https://www.shinmai.co.jp/news/article/CNTS2021101400030

レコメンドニュース

関連記事

長野県 政治 2021衆院選