衆院解散、総選挙へ 県内5小選挙区は12人が立候補準備

長野県 政治 2021衆院選
twitter facebook

 衆院は14日午後の本会議で解散された。政府は臨時閣議で衆院選日程を「19日公示、31日投開票」と決定する。安倍、菅両内閣から続く政府の新型コロナウイルス対策の是非や、今後の経済政策が争点となる。岸田文雄首相は成長と分配の好循環による「新しい資本主義」を掲げる。野党は先の自民党総裁選で格差是正を主張しながら、富裕層中心の金融所得課税強化を先送りした首相の政治姿勢を問う構えだ。21日の衆院議員任期満了を越えての衆院選は現憲法下で初。

 首相就任から10日後の衆院解散と、解散から17日後の投開票はいずれも戦後最短となる。

 衆院選は2017年10月以来。小選挙区289、比例代表176の計465議席を争う。

■衆院選 長野県内5小選挙区は12人が立候補準備

 長野県内の5小選挙区は、選挙区選出の前職5人、比例代表北陸信越ブロック(定数11)選出の前職1人と、新人6人の計12人が立候補を準備している。全選挙区に候補を擁立する自民党に対し、立憲民主、共産、社民3党は衆院選初の全県的な野党共闘を成立させ、候補を一本化。立候補者数は2017年の前回選(18人)を大幅に下回る見通しだ。

 自民は前職と新人の計5人が立候補を予定。立民は1、2区に前職、3、5区に新人を擁立する。共産は4区に新人を立てる。日本維新の会は2区に新人を擁立。「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」は3区に新人を立てる。

         ◇

 信濃毎日新聞は信毎web内の特集「衆院選2021長野」で、選挙の現場から記者が生の情報を届ける「ライブブログ」を展開しています。以下のアドレスから閲覧できます。一部コンテンツは有料会員向けです。

https://www.shinmai.co.jp/feature/election/2021/shuinsen/

衆院が解散され、万歳三唱する議員=14日午後1時3分、衆院本会議場

レコメンドニュース

関連記事

長野県 政治 2021衆院選