衆院選あす公示 6党は何を訴える 長野県内5小選挙区・比例北陸信越に擁立 

長野県 政治 2021衆院選
twitter facebook

衆院選は19日公示され、12日間の選挙戦が始まる。解散から投開票までわずか17日間の短期決戦。県組織を置き、県内5小選挙区と比例代表北陸信越ブロック(定数11)に候補を擁立する6政党の幹部に、今回の衆院選では何が問われ、何を訴えるのかを聞いた。

(残り2507文字/全文2629文字)

この記事は銀鍵記事で公開から96日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
宮島喜文氏
杉尾秀哉氏
太田昌孝氏
鮎沢聡氏
小金沢昭秀氏
中川博司氏

レコメンドニュース

関連記事

長野県 政治 2021衆院選