長野市長選 新時代の県都・課題は(下)苦しい財政下の公共施設再編方針 地域の活性化 どう両立

有料会員記事
長野市が「原則廃止」の方針を打ち出している市篠ノ井交流センター塩崎分館。中島さんは「地域の絆をつくる拠点」だと考えている=12日

水が、泥が、押し寄せた。2019年10月12日、台風19号による大雨で長野市篠ノ井塩崎では千曲川の水が堤防を越えた。「あの時は大変でした」。今月12日、長野市篠ノ井交流センター塩崎分館長の中島博さん(68)はちょうど2年前の地域を振り返った。

あわせて読みたい