【独自】米海軍機か、北アルプス一帯で低空飛行 観光地上空、憤る声

長野県 社会 主要
twitter facebook

 上高地など北アルプス一帯で16、18日、低空飛行する複数の軍用機を本紙記者や観光客らが相次いで目撃した。16日の機体は米海軍のFA18E戦闘攻撃機(通称スーパーホーネット)とみられる。穂高連峰の上を低空で旋回することもあり…

(残り:733文字/全文:846文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

黒部ダム周辺を低空飛行する米海軍のFA18E戦闘攻撃機とみられる機体=16日午前11時ごろ(安曇野市の男性提供)
黒部ダム周辺を低空飛行する米海軍のFA18Eスーパーホーネットとみられる機体=16日午前11時ごろ
黒部ダム周辺を低空飛行する米海軍のFA18Eスーパーホーネットとみられる機体=16日午前11時ごろ
16日に黒部ダム周辺を飛行していた軍用機の尾部。垂直尾翼にロナルド・レーガン搭載の第5空母航空団所属を示す「NF」の文字が確認できる

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要