歴史をつなぐ・中信の「100年企業」⑧ 教訓糧に転換期乗り越える ヤマトインテック(塩尻市)

長野県 経済 主要 歴史をつなぐ・中信の「100年企業」
twitter facebook

鉄くずを炉で溶解し、大型装置で鋳型に勢いよく注ぎ込む。自動車部品の鋳造を主力とするヤマトインテック(塩尻市)の工場では、溶けて流れる鉄がまばゆい光を放つ。「時代時代で(自社の)浮き沈みはあったが、鋳造業の需要は不滅だった」。中国・上海出身の元金融マンで、以前の経営者に請われて昨年5月に社長に就いた邵宗義(シャオゾンイー)さん(53)は力を込める…

(残り:1231文字/全文:1405文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

鋳造工場で事業の展望を語る邵社長=塩尻市
浜家が天皇から賜ったとされる幡(はた)
自動車のエンジン部品を主力に鋳造から機械加工まで手掛ける。2021年3月期の売上高は約37億円。従業員は約300人。

レコメンドニュース

関連記事

長野県 経済 主要 歴史をつなぐ・中信の「100年企業」