移住の地の伝統「中尾歌舞伎」に挑む 伊那・長谷で11月に初舞台

長野県 社会 主要 移住のトビラ
twitter facebook

昨年4月にシンガポールから伊那市長谷に移住した外山真美さん(37)が、地元に江戸時代から伝わる中尾歌舞伎(市無形民俗文化財)の保存会の一員として、11月3日の定期公演で初の舞台を踏む。外山さんに演技経験は…

(残り:674文字/全文:777文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

「中尾座」で通し稽古に励む外山さん(中央)
 

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要 移住のトビラ