衆院選「隔たりは埋まるか 新型コロナ下の選択」③ 働く非正規滞在者、ワクチン接種に壁

長野県 社会 2021衆院選
twitter facebook

 南佐久郡内の高原野菜地帯。9日夜、仕事を終え宿舎に帰った元技能実習生のベトナム人バンさん(27)=仮名=は、夕飯を後回しにパソコンを開いた。表示された漢字とひらがなをノートに書き取る。健康保険証はなく、新型コロナワクチンの接種券も届かないため「絶対に体調は崩せない」。

(残り:1415文字/全文:1550文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

買いためたマスクの残りを確認するソムチャイさん(手前)とアイさん。新型コロナワクチンの接種を希望しているがかなっていない=15日、東信地方

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 2021衆院選