「本物の選挙」で学ぶ、中立性保ちつつ 信大では投票率向上目指し、今は中学教諭として主権者教育

有料会員記事
模擬投票に向けて各党の政策を生徒と話し合う下沢さん(中央)=26日、飯田市鼎中学校

 「原発はなくした方がいい」「なんで?」「放射能が危ないでしょ」。教え子のやりとりが熱を帯びると、社会科教諭の下沢友哉さん(24)が語り掛けた。「なくすだけが答えじゃないよ。安全が認められれば動かすとか新しく造るのは認めないとか、いろいろな公約が出ているから…

あわせて読みたい