激戦の長野市長選 最後は知名度生かした荻原氏 「転換」に対抗 揺れた戦略

長野県 政治 主要 2021長野市長選
twitter facebook

 無所属新人5人が出馬した31日投開票の長野市長選は、元参院議員の荻原健司氏(51)が制した。激しく争った会社役員の土屋龍一郎氏(60)が市政転換を掲げて野党関係者の支援を受けたため、当初の戦い方を…

(残り1955文字/全文2055文字)

この記事は銀鍵記事で公開から84日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます

レコメンドニュース

関連記事

長野県 政治 主要 2021長野市長選