〈長野県内政党 決戦の先に〉(上) 自民2氏 執行部と距離置き逆風下の勝利

長野県 政治 2021衆院選
twitter facebook

 10月31日投開票された衆院選で、県内5小選挙区は自民党が改選前の3議席から1増やし、1996年の比例代表並立制導入以降で最多の4議席を獲得。共闘態勢で臨んだ…

(残り1375文字/全文1456文字)

この記事は銀鍵記事で公開から81日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
つじ立ちの途中、有権者に当選を祝福される若林健太氏=1日午前7時38分、長野市青木島町綱島
つじ立ち中に有権者から声援を受け、手を振る井出庸生氏=1日午前8時5分、佐久市の跡部交差点

レコメンドニュース

関連記事

長野県 政治 2021衆院選