李相日監督が語る映画「流浪の月」  撮ると決めた理由 俳優から恐れられる要求 〈監督李相日のはなし〉(上)

長野県 文化・芸能
twitter facebook

 松本をはじめ安曇野、大町、長野の県内各市で10月下旬まで撮影された映画「流浪の月」が来年公開される。広瀬すず、松坂桃李のダブル主演で、監督は「フラガール」、「悪人」、「怒り」などでメガホンを取り、日本映画界をけん引する李相日(47)。原作のどこに魅力を感じ、俳優に何を求めたのか。ロケ地に信州を選んだ決め手は―。撮影で松本市を訪れた李監督に話を…

(残り:1837文字/全文:2011文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

信州で映画「流浪の月」を撮影した李相日監督=(撮影・渡会浩)
広瀬すず
松坂桃李
「2020年本屋大賞」受賞の「流浪の月」。40万部を突破する人気小説だ

レコメンドニュース

関連記事

長野県 文化・芸能