長野市の加藤市長退任 五輪施設は「大きな財産であり負の財産」 (記者会見詳報も)

長野県 政治 主要 2021長野市長選
twitter facebook

長野市長を2期8年務めた加藤久雄氏(79)が10日、任期満了を迎え、退任した。退庁前のあいさつで、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」を引き合いに「…

(残り1009文字/全文1079文字)

この記事は銀鍵記事で公開から77日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
長野市職員や市民らに見送られ、市役所を後にする加藤久雄氏=10日
自宅前に集まった住民らに見送られ、ジョギングで最後の登庁をする加藤さん(中央)=10日午前7時40分

レコメンドニュース

関連記事

長野県 政治 主要 2021長野市長選