長野県関係衆院議員9人初登院 重責担う決意 新たな気持ち

長野県 政治 主要 2021衆院選
twitter facebook

 衆院選で当選した県関係議員9人が10日、初登院した。このうち新人は3人。重責を担う決意を胸に国会議…

(残り1234文字/全文1285文字)

この記事は無料記事で公開から72日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
開門と同時に初登院する衆院議員ら=10日午前8時
登院ボタンを押し国会に入る若林健太氏=10日午前10時29分
表情を引き締めて登院する神津健氏=10日午前9時15分
笑顔でガッツポーズをする中川宏昌氏=10日午前9時37分
当選証書を手に笑顔の下条みつ氏=10日午前11時45分
上田紬を着て登院する井出庸生氏=10日午前11時29分
バッジを着けてもらう後藤茂之氏=10日午前9時41分
記念撮影に納まる宮下一郎氏=10日午前9時33分
登院ボタンを押す篠原孝氏=10日午前11時半
同僚にあいさつする務台俊介氏=10日午前9時3分

レコメンドニュース

関連記事

長野県 政治 主要 2021衆院選