懐中の一冊「いのちの風光 現代に生きる仏教」 AMシステムズ社長・多摩川精機元社長 萩本範文さん

有料会員記事

「役割を捨てよ」「肩書なしの人間の幅で生きて行かなくてはならぬ」―。 多摩川精機(飯田市)で社長、副会長を務めた萩本範文さん(77)が半世紀にわたって手元に置く愛読書「いのちの風光(ふうこう) 現代に生きる仏教」の一節だ。2017年に同社を退社し、新会社のAMシステムズ(同)を設立した際にも…

あわせて読みたい