【独自】衆院選で入所高齢者に投票干渉の疑い 長野の施設関係者がメモ渡す 長野県警捜査 

長野県 社会 主要 2021衆院選
twitter facebook

10月31日投開票の衆院選の期日前投票で、長野市内の高齢者入所施設関係者が入所者に特定の投票先を書いたメモを渡し、投票に干渉した疑いがあることが19日、関係者への取材で分かった。県警も事案を把握しており、公選法違反(投票干渉)の疑いでの立件も視野に調べている。 関係者によると、この施設関係者は市役所に…

(残り:438文字/全文:590文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

衆院選で投票干渉があったとされる長野市役所の期日前投票所=10月20日

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要 2021衆院選