長時間労働でうつ病に 自殺男性を労災認定 松本労基署

長野県 社会 主要
twitter facebook

 東証1部上場の工作機械メーカー「ソディック」(本社・横浜市)の松本営業所(松本市村井町西)に勤めていた大泉共生(ともお)さん=当時(43)=が2017年に自殺したのは、長時間労働などでうつ病を発症したのが原因として、松本労基署が労災認定していたことが22日、遺族の代理人弁護士らへの取材で分かった。

(残り754文字/全文904文字)

この記事は銀鍵記事で公開から66日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
大泉さんが書いた遺書(遺族提供、提供元で画像の一部を加工しています)
大泉共生さん(遺族提供)

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要