飯田市、独自の「ワクチン・検査パッケージ」検討

長野県 政治 主要 新型コロナ
twitter facebook

 国の新型コロナウイルス緊急事態宣言やまん延防止等重点措置下でもワクチン接種証明や陰性証明を用いて行動制限を緩和する「ワクチン・検査パッケージ」制度に関連し、飯田市は、県独自の新型コロナウイルス感染警戒レベルが高まった場合などに適用する「飯田版」パッケージを検討している。22日、市のコロナ対策専門家会議後の記者会見で佐藤健市長が明らかにした。

 今後も感染状況によっては、国が宣言などを出してイベントの人数制限をしていなくても、県が独自に要請している事態も予想される。飯田市の独自パッケージでは、既に市が希望する市民らに無料配布している簡易検査キットを陰性証明の対象とすることも検討している。

 市内では来春に「飯田お練りまつり」や、元善光寺(飯田市)の御開帳などが予定されており、佐藤市長は「人の集まる場面が想定される中、安心して来場してもらえる態勢を整えたい」とし、市民だけでなく、市外の観光客らも対象とする方針。年明けにも具体的な制度の運用内容を決める。

 国のパッケージ制度は、緊急事態宣言や重点措置で都道府県が行動制限を要請している状況以外も、民間事業者や施設管理者が感染防止のため入場者らの接種歴や検査陰性を確認する活用法を認めている。陰性確認の有効期間は、PCR検査が「検体採取日より3日以内」、簡易検査キットが「検査日より1日以内」としている。

レコメンドニュース

関連記事

長野県 政治 主要 新型コロナ