長野県内上場企業、改善進む 9月中間決算

長野県 経済 主要 決算
twitter facebook

 決算期が3月の県内上場企業30社の2021年9月中間決算が出そろった。期首から「収益認識に関する会計基準」を適用し前年同期比を算出していない5社を除くと、増収は20社で、減収の5社を大きく上回った。

(残り1520文字/全文1620文字)

この記事は銀鍵記事で公開から58日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
【注】単位百万円、()内は前年同期比増減率%、[]内は前年 同期の金額、▼はマイナスまたは損失。養命酒製造、共和 コーポレーション、イナリサーチは単体。銀行の売上高欄 は経常収益。ミネベアミツミ、セイコーエプソンは国際会 計基準(IFRS)のため経常損益は税引前損益。ホクト、 電算、共和コーポレーション、守谷商会は「収益認識に関 する会計基準」を適用し、売上高や各損益は前年同期比を 算出していない。旭松食品は売上高のみ前年同期比を算出 していない。前田製作所は経営統合に伴い、22年3月期純 損益予想は非公表

レコメンドニュース

関連記事

長野県 経済 主要 決算