障害ある人のものづくり応援 伊那の雑貨店リニューアル

長野県 社会 主要
twitter facebook

 伊那市美篶の春日恵さん(53)が一般雑貨や古本に加え、障害のある人の製品を販売する店「やま山(やま)文庫」を同市狐島に開いた。同じ場所で12年間、県内外の作家の展覧会を開き、雑貨を販売する店を営んできたが、障害のある人のものづくりに寄り添いたい―とリニューアル。

(残り608文字/全文740文字)

この記事は銀鍵記事で公開から57日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
「やま山文庫」店主の春日さん。店内には県伊那養護学校や福祉事業所で作られた雑貨と一般の雑貨が区別なく並んでいる
通っている福祉事業所で自身の作品を手にする西村さん

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要