塩尻駅で育ったブドウ、ワインになり旅立ち 80本限定、購入申し込み受け付け開始

長野県 社会 主要
twitter facebook

 塩尻市観光協会は24日、JR塩尻駅ホームで栽培したブドウを使った赤ワイン「塩尻駅メルロ」=写真=の購入申し込みの受け付けを始めた。構内でブドウを栽培する唯一の駅をアピールしようと企画し、昨年に続き2年目。

 昨年収穫したブドウを使い、約8カ月熟成させたワインを80本限定で用意。750ミリリットル入り8800円(税込み)。協会ホームページか塩尻駅前の市観光センターで12月5日までに申し込む。希望多数の場合は抽選。

 新型コロナ下でクリスマスや年末年始を自宅で過ごす人も少なくない。同協会は「楽しく味わってもらえたらうれしい」。

 

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要