長野県迷惑防止条例の改正案 「嫌がらせ」規制 恣意的運用懸念 運用監視の仕組み不可欠

長野県 社会 主要
twitter facebook

 長野県迷惑防止条例の改正案は、これまで踏み込めなかった嫌がらせ行為の法的な解決につながる可能性がある一方、どのような場合に規制対象になるのか曖昧さを残し、拡大解釈や恣意(しい)的な運用を広げかねない懸念がある。嫌がらせ行為の解決に…

(残り786文字/全文903文字)

この記事は銀鍵記事で公開から62日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要