「乳がんへの理解広げたい」患者会と松本地方の若者が協力 来春の発表目指し人形劇制作中

長野県 社会
twitter facebook

 県内外の乳がん経験者らでつくる患者会「桜むね」と、松本地方の若者たちが協力し、病気への理解を広げるオリジナル人形劇を制作している。2018年に発表した作品の続編で…

(残り676文字/全文759文字)

この記事は銀鍵記事で公開から56日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
小道具を作る学生(左)と吉沢さん(左から2人目)ら

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会