太陽光発電施設の設置に住民同意求める方針 富士見町が目指す厳しい規制を巡り… 

長野県 政治
twitter facebook

諏訪郡富士見町が10月、太陽光発電施設の設置規制を強化するため、町内全域を「抑制区域」とし、事業者に近接住民や関係区の同意取り付けを求める方針を打ち出した。晴天率が高い町には多くの事業者が進出して発電施設計画を展開する一方、豊かな自然環境を求めて移住した住民も多く、景観や災害への影響を懸念する声がある。町は関係条例を改正して全国的にも厳しい規制を目指すが、経済活動の自由…

(残り2383文字/全文2570文字)

この記事は銀鍵記事で公開から61日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
富士見町の第三セクター「富士見メガソーラー株式会社」の発電施設=25日、同町落合

レコメンドニュース

関連記事

長野県 政治