憲法事件を歩く 第3部「25条」④ 障害者の貧困と差別 初めて法廷に

長野県 社会 主要 憲法事件を歩く
twitter facebook

母親が障害福祉年金を受けていると、なぜ子どものための児童扶養手当が支給されないのか―。全盲の女性の素朴な疑問がやがて憲法裁判になり、県や国を動かしていく。堀木フミ子(通称・文子)は1919(大正8)年、鹿児島県のトカラ列島の一つ、中之島で生まれた。3歳で天然痘とみられる感染症にかかった。島に医者はおらず、母子家庭で鹿児島市の病院に行く余裕もなく、治療を受けられないまま…

(残り1403文字/全文1589文字)

この記事は銀鍵記事で公開から61日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要 憲法事件を歩く