兵庫丹波で新種トカゲ化石を発見 1億1千万年前、世界最古

全国・世界 科学・環境・医療・健康
twitter facebook

 兵庫県立人と自然の博物館は、同県丹波市にある1億1千万年前(白亜紀前期)の地層からトカゲの化石を見…

(残り217文字/全文268文字)

この記事は無料記事で公開から57日が経過しています
  • 無料会員、ウェブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
 「モロハサウルス・カミタキエンシス」の下顎の一部の化石(兵庫県立人と自然の博物館提供)
 「モロハサウルス・カミタキエンシス」の復元図(兵庫県立人と自然の博物館提供)

レコメンドニュース

関連記事

全国・世界 科学・環境・医療・健康