国交省、海草のCO2吸収量算出 全国125港湾で、温暖化対策

全国・世界 科学・環境・医療・健康
twitter facebook

 国土交通省は、全国125の主要な港湾で温暖化対策を進めるため、海草や藻類が吸収する二酸化炭素(CO…

(残り232文字/全文283文字)

この記事は無料記事で公開から57日が経過しています
  • 無料会員、ウェブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
 横浜港に生息する海草のアマモ(国土交通省港湾局提供)

レコメンドニュース

関連記事

全国・世界 科学・環境・医療・健康