諏訪の御柱祭 観光客の感染対策の主体、曖昧なまま 氏子組織「圏外から観覧遠慮を」 誘客前向き発言の関係首長も 

長野県 社会 御柱祭
twitter facebook

 来春に迫った諏訪大社御柱祭を巡り、新型コロナ下の「観光誘客」の責任の所在が宙に浮いている。古来の祭事を守るため、氏子組織は諏訪圏外の人の観覧を遠慮してもらうよう求めるガイドラインを発表。一方で過度な「自粛ムード」は拭いたいと、県や関係首長からは誘客に前向きな発言が出始めているが…

(残り1109文字/全文1250文字)

この記事は銀鍵記事で公開から60日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
前回の上社里曳き風景。周辺には大勢の観光客も詰め掛けた=2016年5月、茅野市

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 御柱祭