駒ケ根の中心市街地再整備、外国人の視点も まちづくりのアイデアを提案

長野県 社会 主要 五色のメビウス
twitter facebook

 駒ケ根市は28日、市内在住外国人らが中心市街地の現状や再整備を話し合うワークショップ(参加型講習会)を同市中央のこまがね市民活動支援センター「ぱとな」で…

(残り282文字/全文360文字)

この記事は銀鍵記事で公開から56日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
駒ケ根市在住の外国人らがまちづくりへの要望を出し合ったワークショップ
 

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要 五色のメビウス