社員600人 広々オフィスに自由に仕事場 シナノケンシ本社新棟のオフィス計画 【動画があります】

長野県 経済
twitter facebook

シナノケンシ(上田市)は2日、2025年に完成予定の本社新棟を、仕事場所を自由に選べるオフィスにすると明らかにした。研究開発や営業などに関わる約600人の社員を一面のオフィスに配置。個人の机にとどまらず、相互の接点が増える環境で業務の創造性を喚起する。同社が目指す研究開発型企業にふさわしいオフィス環境を整え、働き方の自由度が

(残り799文字/全文962文字)

この記事は銀鍵記事で公開から52日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
本社新棟オフィスのイメージ。個人の机(青や黄色のいすがある所)やミーティングスペース(左側)などから好きな場所を選んで仕事ができる

レコメンドニュース

関連記事

長野県 経済