「松本波田道路」着工1年余 具体化しない「波田以西」の計画 実現性や効果に疑問の声は今も 

長野県 社会
twitter facebook

 松本市―福井市間で国が整備を進める中部縦貫道(約160キロ)の一部、松本波田道路(松本市島立―同市波田、5・3キロ)着工から1年余。国道158号のバイパスとして渋滞緩和や安全性の向上が期待される一方、波田から中ノ湯までの27キロ区間は…

(残り747文字/全文866文字)

この記事は銀鍵記事で公開から44日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
松本波田道路の橋台工事が進む現場。建設反対の看板やのぼり旗も

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会