コハクチョウの飛来を心待ち 「諏訪湖白鳥の会」が湖畔に注意看板を設置 「刺激せずに見守って」

長野県 社会 主要
twitter facebook

 諏訪湖の冬をにぎやかにするコハクチョウの飛来シーズンがやって来た。昨冬は107羽が飛来し、湖岸に多…

(残り737文字/全文788文字)

この記事は無料記事で公開から48日が経過しています
  • 無料会員、ウェブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
横河川河口付近に看板を設置する会員ら
多くのコハクチョウが飛来した昨冬の諏訪湖=2021年1月27日、岡谷市の横河川河口

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要