観賞のきっかけは骨折 日本映画400本の感想を本に 伊那の田口さん 評価の軸は「自分がどれほど引き込まれたか」

長野県 文化・芸能 主要
twitter facebook

 伊那市の通り町商店街で自主制作の書籍やCDを販売する店「黒猫」を営む田口史人さん(54)=伊那市荒井=が、昭和10年代から平成までの日本映画約400本の感想をつづった「骨折映画館」を…

(残り624文字/全文717文字)

この記事は銀鍵記事で公開から52日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
自費出版した「骨折映画館」を手にする田口さん

レコメンドニュース

関連記事

長野県 文化・芸能 主要