Iotで水栓自動開閉 岡谷のセルバと塩尻のソルティスターが実証実験 メッキ加工での水使用量減へ

長野県 経済 主要
twitter facebook

 メッキ加工のセルバ(岡谷市)とソフトウエア開発のソルティスター(塩尻市)は、メッキ加工で水の使用量を減らすため、IoT(モノのインターネット)技術を活用した水栓の自動開閉システムの実証実験を始めた。メッキ加工では、複数回の洗浄作業に大量の水が…

(残り542文字/全文665文字)

この記事は銀鍵記事で公開から48日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
セルバの工場にある水槽。薬液などを洗い落とすため大量の水を掛け流している

レコメンドニュース

関連記事

長野県 経済 主要