長野県議会、夫婦別姓「慎重な議論」求める意見書可決 「議論推進」の意見書案否決

長野県 政治 主要
twitter facebook

 県会は3日の本会議で、選択的夫婦別姓制度を巡り「慎重に議論し、旧姓の通称使用の法制化を求める意見書」を賛成多数で可決した。最大会派自民党県議団(29人)が提出。宮本衡司議長を除く56人の記名投票で…

(残り618文字/全文718文字)

この記事は銀鍵記事で公開から55日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます

レコメンドニュース

関連記事

長野県 政治 主要