県内公立中高一貫校の入学者選抜 「男女同数」撤廃 受験生「公平になるのは良い」 保護者「雰囲気が変わるかも」

長野県 社会 主要
twitter facebook

 男女同数の募集枠をなくして初めて迎えた県立中高一貫校2校と長野市立長野中の4日の入学者選抜。性別に関係なく活躍の場があるべきという「ジェンダー平等」の考え方に基づく。受験生はどう感じているのか―。多くは「実力次第」「時代の流れ」と前向きに受け止めた一方、保護者からはどちらかの…

(残り1028文字/全文1168文字)

この記事は銀鍵記事で公開から50日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
屋代高校付属中学校の入学者選抜に向かう受験生たち=4日午前8時52分、千曲市屋代

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要