憲法事件を歩く 第3部「25条」⑤ 「障害者の生活実態主張を」芦部教授が助言

長野県 社会 主要 憲法事件を歩く
twitter facebook

 「被告(兵庫県知事)がなした児童扶養手当の請求却下を取り消す」

 1972(昭和47)年9月20日、神戸地裁。裁判長の坂上弘が判決主文を読み上げると、傍聴席の障害者らから拍手が湧いた。続く判決理由も、争点の判断結果を述べるたびに拍手が起こるので、坂上は朗読にひと息入れなければならなかった。

(残り1441文字/全文1587文字)

この記事は銀鍵記事で公開から50日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
堀木訴訟の原告代理人を務めた弁護士の藤原精吾。その後も多くの生存権訴訟を手掛けてきた=ことし9月、神戸市中央区
憲法訴訟論を開拓した芦部信喜。堀木訴訟で藤原らの相談に応じた=東大構内

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要 憲法事件を歩く