長野県内スキー場 反転攻勢の冬 30年続く利用減に新型コロナが追い打ち

有料会員記事
エイブル白馬五竜スキー場のゲレンデで、スキーを楽しむ子ども連れ=11月29日、白馬村

 北安曇郡白馬村などの県内スキー場各社が今季、観光需要の反動増をにらんで攻勢に出ようとしている。アウトドア人気の高まりや、早期のまとまった降雪など好条件がそろい、約30年続く長期低迷から抜け出す好機とみる関係者もいる。ただ、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」が世界で広がりを見せ、風向きはまた変化。国や県の支援策をてこに…

あわせて読みたい