長野県内スキー場 反転攻勢の冬 30年続く利用減に新型コロナが追い打ち

長野県 経済
twitter facebook

 北安曇郡白馬村などの県内スキー場各社が今季、観光需要の反動増をにらんで攻勢に出ようとしている。アウトドア人気の高まりや、早期のまとまった降雪など好条件がそろい、約30年続く長期低迷から抜け出す好機とみる関係者もいる。ただ、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」が世界で広がりを見せ、風向きはまた変化。国や県の支援策をてこに…

(残り1508文字/全文1673文字)

この記事は銀鍵記事で公開から53日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
エイブル白馬五竜スキー場のゲレンデで、スキーを楽しむ子ども連れ=11月29日、白馬村

レコメンドニュース

関連記事

長野県 経済