良い前例積み上げ乱用防ぐ 武蔵野美大の志田陽子教授 長野県迷惑防止条例改正案

長野県 社会
twitter facebook

県会警察委員会で6日、県迷惑防止条例改正案が採決される。差別につながりかねない行為を特定の人に繰り返し行うことを「嫌がらせ行為」として新たに規制する内容。憲法や芸術関連法に詳しい武蔵野美術大の志田陽子教授(60)は、解釈の余地が広く、運用次第でデモや集会などの市民活動や、表現や言論の自由が…

(残り943文字/全文1089文字)

この記事は銀鍵記事で公開から52日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
武蔵野美術大の志田陽子教授

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会