良い前例積み上げ乱用防ぐ 武蔵野美大の志田陽子教授 長野県迷惑防止条例改正案

有料会員記事
武蔵野美術大の志田陽子教授

県会警察委員会で6日、県迷惑防止条例改正案が採決される。差別につながりかねない行為を特定の人に繰り返し行うことを「嫌がらせ行為」として新たに規制する内容。憲法や芸術関連法に詳しい武蔵野美術大の志田陽子教授(60)は、解釈の余地が広く、運用次第でデモや集会などの市民活動や、表現や言論の自由が…

あわせて読みたい