B1信州 第3Qで崩れた守備 あっという間に25点差 

長野県 スポーツ バスケ
twitter facebook

一気に歯車が狂った。信州は第3Q、攻撃も守備も機能不全。わずか2点だったビハインドが、あっという間に25点まで広がった。「守備の強度を上げて後半に入った」(安斎監督)という宇都宮の激しさに…

(残り608文字/全文703文字)

この記事は銀鍵記事で公開から45日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
信州―宇都宮 第3クオーター、ドリブル突破を止められる信州・前田(右)
信州―宇都宮 2連敗に終わり、うつむく信州の選手たち

レコメンドニュース

関連記事

長野県 スポーツ バスケ