諏訪大社下社秋宮、雄大に大注連縄 上社の氏子、御柱祭の無事願い作業【写真が複数あります】 

長野県 主要 文化・芸能 御柱祭
twitter facebook

 諏訪大社下社秋宮(下諏訪町)神楽殿に飾られる直径140センチもの大注連縄(おおしめなわ)。5日、下…

(残り784文字/全文835文字)

この記事は無料記事で公開から44日が経過しています
  • 無料会員、ウェブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
作業員4人を乗せてクレーンでつり上げられた大注連縄=午後4時57分
2本の綱をより合わせて大注連縄に仕上げる作業
長さ1メートル30センチの3つの房
大勢の参拝客が足を止め、作業を見守った=午後3時28分
縄をより合わせる氏子たち

レコメンドニュース

関連記事

長野県 主要 文化・芸能 御柱祭