長野県が「オミクロン株」対策 濃厚接触者は宿泊療養施設に入所 感染者は個室入院

有料会員記事

阿部守一知事は6日、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」対策として、感染者が確認された場合は症状の有無にかかわらず個室の入院対応とし、濃厚接触者は県が運用する専用の宿泊療養施設に入所してもらう措置を取ると明らかにした。知事は取材に「どのような性質か判然としておらず、これまで以上に細心の注意を払う」と強調。今夏の感染「第5波」を起こしたデルタ株より感染力が強い恐れや、既存ワクチンの効果が…

あわせて読みたい