改正長野県迷惑防止条例成立へ 県会委可決 拡大解釈になお懸念

有料会員記事

 県会警察委員会(10人)は6日、付きまといなどを特定の人に繰り返し行う行為を「嫌がらせ行為」として新たに罰する県迷惑防止条例改正案を全会一致で可決した。これまで規制対象外だった差別感情などによる嫌がらせ行為の法的解決につながる可能性がある一方、拡大解釈の懸念も指摘される。11月定例会最終日の10日…

あわせて読みたい