〈松本山雅 J10年目の迷走〉㊤ 揺らいだ方向性、悪循環 現場とフロント統一感欠いた刷新

長野県 スポーツ サッカー
twitter facebook

 サッカーJ2松本山雅は今季、開幕から一度も1桁順位に上がることなく低迷し、最後は11試合連続未勝利で最下位(22位)に沈んだまま来季のJ3降格が決まった。2012年のJリーグ参戦から10年間で2度のJ1昇格を経験したクラブに何が起きていたのか。急激な変化にチームづくりが追い付かず、迷走に歯止めが…

(残り1189文字/全文1339文字)

この記事は銀鍵記事で公開から52日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
解任前の最後の試合となった大宮戦で選手をねぎらう柴田監督(当時)=6月19日、松本市のサンプロアルウィン

レコメンドニュース

関連記事

長野県 スポーツ サッカー