継続か変革か 前哨戦本格化 伊那市長選告示まで4ヵ月余

長野県 政治 主要
twitter facebook

 告示まで4カ月余となった伊那市長選は7日、現職で3期目の白鳥孝氏(66)が立候補を正式表明し、2018年の前回選にも出馬した新人で元市議の八木択真氏(43)との選挙戦になることが確実となった。市政の世代交代を主張する八木氏に対し、白鳥氏は3期12年の実績を強調。市政の継続か変革かを争点に前哨戦が本格化する。

(残り1452文字/全文1607文字)

この記事は銀鍵記事で公開から51日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
桜の名所、高遠城址公園近くの商店街。市長選では旧町村部の振興も争点になりそうだ=7日、伊那市高遠町
右から八木択真氏、白鳥孝氏

レコメンドニュース

関連記事

長野県 政治 主要