〈松本山雅 J10年目の迷走〉㊥ 「結果より内容」危機感共有できず 残留争いへの対応遅れ

長野県 スポーツ サッカー
twitter facebook

 「勝ち点に特化すればよかったが、サッカーに特化した教えが多すぎた」。J2残留が絶望的になった11月28日の相模原戦後のオンライン会見で、松本山雅の名波浩監督(49)は後悔を隠さなかった。監督のバトンを受けた6月の第20節時点で…

(残り1111文字/全文1226文字)

この記事は銀鍵記事で公開から51日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
東京V戦で指揮を執る名波監督(中央)。0-2で敗れた=9月11日、東京都調布市の味の素スタジアム

レコメンドニュース

関連記事

長野県 スポーツ サッカー